メルカリ歴約3年6ヵ月で感じた7つのデメリットとは?
スポンサーリンク

メルカリ7つのデメリットとは?

スポンサーリンク

トラブルが起こりやすい

 

メルカリを使うデメリットは、個人間取引のためトラブルが起こりやすい。

メルカリでは、個人と個人のやり取り(法人でも個人扱い?)です。

素人や初心者が多いのもトラブルの引き金になっているようです。

特に、メルカリの公式ルールは勿論、非公式のルールもあり

簡単に始められるのですが、メルカリでの非公式ルールやメルカリ独自の専用語で悩んだり

とっつきにくい出品者(独自のメルカリルールや出品者のプロフなど一読する欄が長文!)がいるのもデメリットの一つです。

まだそのような出品者より困るのが、イタズラ目的のユーザーが存在します。気持ち良く取引をしたいのに不快にさせたりします。

詐欺行為を行うユーザーもいるのでご注意を!こちらで詳しく解説しているので参考にされてください。

支払いをしてくれない人がいる

 

メルカリを使うデメリットは、商品を購入しても決済まで完了してくれない人がいることです。

メルカリでは、商品を購入した後にクレジットカードですと即時支払いしますが、コンビニ払いなどの支払い方法の場合は、購入と決算がズレることがあります。

コンビニ払いを選んだ購入者が決済まで完了せずに、そのまま音信不通になる人も中にはいるようです。

僕はまだそのような経験はしたことはありませんが、メルカリでのシステム上やメルカリを利用している方から

購入しても支払いをしてくれない(忘れている?)方がいるようです。

そのような方には、メルカリ事務局へ連絡すると対応してくれます。

購入から3日以上経過しても決済してもらえない場合にメルカリ事務局へ連絡すると対応してくれます。

逆に捉えると3日は売れない期間となるので、購入者がコンビニ支払いを選択されると決済が遅れる可能性があることだけ頭入れて置く必要があります。

このような購入者には、ブロックなどの対策を行うことを念頭にいれましょう!

スポンサーリンク

マナーが悪い人が多い

メルカリでは、2019年6月現在 約7100万人のユーザーがいます。他のフリマアプリに比べて圧倒的なシェアを誇っています。

その中にマナーの悪いユーザーもユーザー数の増加に伴って、増えているように思います。

言葉遣いが悪い、特に敬語を使わない。出品物の写真が雑に撮ってあり、出品物も傷や汚れがある。

このようなユーザーには十分気を付けましょう。後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。

出金するのに申請が必要

販売代金を引き出すには売上金(またはメルペイ残高)を引き出す手続きをしないといけません。

他にもアプリが色々御座いますが、メルカリでは売上金はすべて一旦メルカリが預かりますので現金として使いたい場合は、申請がその都度必要になります。

出金するには、メルペイをタッチし、振込申請を押し各項目を入力すると良いです。

メルカリ運営の対応が曖昧?

メルカリ運営での対応ですが、他の商品(違反商品)は削除されずに売れたり、自分の商品は違反で削除される。

同じ商品でも対応に差があるようです。運営側のすべての出品物に目が行き届いていないのが原因のようです。

なぜ自分だけが、という気持ちになりますが、そこは上記のことが原因ですので余り深く考え込まないようにしましょう。

メルカリ運営側に何かのトラブルで問題が発生しても、メールのみの対応です。

電話での対応は一切行っていません。

メルカリで何らかのトラブルが起きた場合は下記の流れで対応されると良いです。

問い合わせ先は
商品IDをコピーしておき(mから始まる11桁の数字)
①サイドメニュー(三本線 左斜め上)
②お問い合わせ
③お問い合わせ項目を選ぶ
④自分のトラブルの項目を選ぶ

購入者側→トラブルがあった中の該当項目を選択する。

困っている内容を詳しく記載する

ID項目の欄にコピーを張り付ける

送信する

手数料を10%取られる

出品時には全く手数料は掛かりませんが、売れた場合に手数料が10%発生します。

ラクマより手数料が高いですが、圧倒的にユーザー数が多いので早く売りたい場合は、メルカリがおススメです。

フリマアプリではラクマが手数料3.5%で一番安いです。
会員数が1500万人(メルカリ7100万人)とユーザー数・出品数が少ないがデメリットです。
※売上が50,001円以上の場合、本人確認しないとアプリからお金を引き出せない。

出品ツールなどが利用できない

メルカリでは自動出品ツールが禁止されてしまい、ツールが使えない状態になっていました。

メルカリ出品支援ソフトは利用可能となっています。メルカリ出品支援ソフトはメルカリへの出品、再出品、自動出品を簡単に行える出品ツールです。
多くの商品を管理する場合、出品や取消キャンセルなど1商品ごと手間が掛かっていた作業を簡単に行えます。
サンプル版では10件まで商品の管理・出品が行えます。
メルカリに既に出品してある商品であれば出品データから取り込む事もできるので、登録作業も必要なくなります。

操作方法等の詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.silk-s.jp/mrcr.html

スポンサーリンク
おすすめの記事